私たちは木に取り組むプラットフォーム「KIDZUKI(キヅキ)」を 、
小さな苗木のように育てはじめました。

木と日々の暮らし、豊かな未来に思いを馳せる人々が集まり、
長年にわたり木造住宅を取り扱ってきた三菱地所ホームの豊かな土壌に、
木ともっと向き合うための苗木を植えました。
私たちの想いに共鳴する人々や企業が集まり、リサーチ、ワークショップ、建築・空間、
プロダクト開発に共に取り組むことで、木についてもっと知り、その可能性を広げていきます。
生活や人々の暮らしと共にある木の存在や、社会や街とつながる森への気づき、
木を通じて新たな価値を築き上げるプロセスはウェブサイトを中心に配信。
KIDZUKIを大きな木に育てることで、森と街、そして一人ひとりの豊かな未来を拓きます。

暮らしに恩恵をもたらす
「緑の社会資本」というインパクト

森林は国土の保全、水資源の貯留、地球温暖化防止、生物多様性の保全、木材等の林産物供給などの多面的機能を有しています。その機能を発揮することによって、暮らしに様々な恩恵をもたらす「緑の社会資本」と呼べるものです。そもそも日本は世界有数の森林国であり、国土面積 3 分の2にあたる約2,500万haの森林面積があり、内40%強の1,000万haが戦後に植林された人工林です。その人工林のおよそ半分が一般的な主伐期である50年生を超えており、資源を有効活用すると同時に、循環利用に向け計画的に再造成することが求められています。

森林整備と木材利用で
2050年カーボンニュートラルへ貢献

森林の多面的機能を発揮させるためには「苗木を植える~日光が当たるように下刈り~立木密度を調整するための間伐~木材利用の促進~苗木を植える……」という森林資源の循環利用が必須となっています。さらに、地球温暖化対策という視点において、CO2排出抑制対策と同時に、CO2を貯蔵するための森林整備や木材利用等の森林吸収源対策が重要になります。それらの推進で、2030年度の森林吸収量目標である約3,800万CO2トン(2013年度総排出量比2.7%)の達成および国が掲げる2050年カーボンニュートラルという成長戦略への貢献が期待されます。

VISION 事業&活動の構想

三菱地所ホームの「木造木質化」
その先に描く未来

三菱地所ホームは、高品質・高付加価値な住まいづくりの提案を通じ、人々の暮らしと人生を豊かに。
それと同時にSDGs、国内の森林資源の活用、脱炭素化という観点から、地球環境に配慮したサスティナブルな資源である「木」を活用。建物の木造木質化事業を推進し、持続可能な社会の実現を目指します。

サスティナブルな資源「木」の活用で脱炭素社会を実現する

国産材の採用と推進

三菱地所ホームは2015年以降、国産製材・たて継ぎ材のJAS規格改正等が整備されたことを背景に、杉の壁枠組材については1本ごとの強度を工場で測定するなど、徹底した品質管理のもとに製造された国産木材を安定的に調達できる体制づくりを進めてきました。そして2018年11月からは、ツーバイフォー工法による新築住宅の壁枠組材に国産木材を全棟に標準採用しました。これにより、新築注文住宅1棟あたりの構造材における国産木材採用比率は、ツーバイフォー工法を手掛ける住宅メーカーとして国内トップレベルとなりました。

あたらしい木造技術の追求

三菱地所ホームは1984年の設立以来、高い技術力と提案力を活かした注文住宅を提供してきました。そして木造木質化を取り巻くトレンドにおいて、独自の技術開発による自然環境への寄与、さらに顧客ニーズに応える設計自由度を追求しています。「FMT(Flat Mass Timber)構法」は、木と鉄骨によるハイブリッド構法で、壁や梁などの構造要素が空間内に出てくることが少ない、シンプルで頑丈な作りを実現します。各階層をひねるような動きのあるデザインが実現可能な世界初の技術で、2019年10月に特許も取得しています。

培った住まいのソリューション力は、施設建築にも

三菱地所グループの総合力をバックボーンに、立案から設計・施工・運営・管理まで、きめ細かいサービスを提供し、ジャンル・工法を問わず高いデザイン性で幅広い分野の施設建築を提案します。また、長く土地活用に携わって培ってきた三菱地所ホームならではの視点で資産運用を堅実に設計し、将来的なマーケットや需要の変化に柔軟に対応する建物を実現します。低層の木造賃貸住宅からマンション、オフィス・ショップ、医院・スクール建築まで、幅広い角度から最適な活用プランを提案しています。

寸法安定性や幅広い用途性で注目される木質構造材「CLT」。そんなCLTの特徴を伝えるパビリオンとして期間限定で企画された「CLT PARK HARUMI」。隈研吾氏のデザインで、2020年秋の閉館後は岡山県・真庭市にある国立公園蒜山に移築され、観光および芸術文化発信拠点として利用される。
「KOJIMACHI TERRACE」は地下1階、地上11階のオフィスビル。ミーティングや休憩スペースとなる半屋外のテラスを複数階に配置するなど、外気や外部環境を採り入れたデザインと、積極的な木質化によって仕上げられた。従来のオフィスビルとは一線を画すコンセプトで2019年度グッドデザイン賞受賞。(デザイン監修:nendo×IKAWAYA建築設計)

すべての人に特別な一邸を。
自由設計にこだわった注文住宅

三菱地所ホームは創業以来、家づくりの理想を追い求めてきました。それは人のためになり、街のためになる住まいを追求する姿勢。良い街は人に愛され、人に愛される街は良い街になる。そして、家族に愛される家は世代を超えて、魅力的な街の一部として歴史を刻んでいく。「人を、想う力。街を、想う力」。点ではなく面、流行ではなく時代を見つめてきた三菱地所グループの精神は、三菱地所ホームの家づくりそのものなのです。住む人の夢や想いを叶えるために、三菱地所ホームの家づくりはフルオーダーの自由設計にこだわります。

「FMT(Flat Mass Timber)構法」は、木と鉄骨 によるハイブリッドの構法です。「木」の性能を最大限生かすことで、壁や梁などの構造要素が空間内に出てくることが極めて少ない、フラットで自由なデザインの建築を可能にします。効率的でシンプルな構造架構でありながら頑丈で自由な建物形態を実現しました。
FMT構法によって自由なスタイルを実現した木造注文住宅ブランド「ROBRA」。世界的な潮流である木へのマテリアルシフトを背景に、今までの木造では実現できなかったアート感覚あふれる外観ながら、木がもたらすやさしさや、自然環境への貢献を両立した世界にひとつの木造住宅を提供します。

リフォームに、暮らしをより豊かにするという視点

永く住んでいる家、これからも愛着を持って住み続ける家だからこそ、現在、そして未来の暮らしを見越して、住む人のさまざまな希望や願いをしっかり受け止めます。そして多様な住まいに対する思いに、確かな技術と提案力で応えます。ただ使いやすく、美しくするだけでなく、ライフスタイルや家族構成、健康、趣味などを考慮して永く続く快適な暮らしのために暮らしそのものをデザイン。住宅設備などの部分リフォームから、住まい全体を新たにデザインするフルリフォームまで、三菱地所ホームが注文住宅によって培ったノウハウを活用します。

「木」は人の心と体に様々な良質な効果をもたらすと立証されていることから、三菱地所ホームのリフォームでは内装を木質化する取り組みを提案しています。心理面でのリラックス・癒し効果、身体面での疲労感の緩和・免疫力アップの効果だけでなく、消臭・抗菌・防ダニなどの衛生面での効果も期待できます。
「箱の間」は、リビングなどに設置することで仕切ったり囲んだりと間取りや空間に変化をもたせ、住まいに新しい「居場所」をつくることができます。山梨県と三菱地所グループによる都市と農山村をつなげる取り組み「空と土プロジェクト」から誕生した企画で、山梨県産のスギ材を使用。国産材活用により森林の循環サイクルを促進し、環境の保全にも貢献します。

CO2等温室効果ガス削減目標制定と2050年ネットゼロ宣言

三菱地所ホームは、総合請負事業会社として高品質・高付加価値な住まいづくりの提案で、人々の暮らし・
人生を豊かにしていく使命を果たします。同時に、SDGs、国内の森林資源の活用、脱炭素化という観点から、
地球環境に配慮したサスティナブルな資源である「木」を活用。建物の木造木質化事業を推進することで、
持続可能な社会の実現を目指します。

三菱地所ホーム CO2総排出量削減目標

CO2排出量*を2030年度までに
2019年度比「60%」削減を目指します* 建設時、居住時、修繕/廃棄時におけるCO2排出量

2050年までに「ネットゼロ」達成

CO2排出量を削減する取り組みとして、より一層の国産木材利用や住宅設備機器効率の向上などを促進することで、2030年までに当社施工物件におけるZEH率85%* を目標に掲げ、2050年までにネットゼロ達成を目指します。また、廃棄物の発生が少ない施工方法やリサイクルの容易な材料の選定、プレカット技術の促進等に取り組むことで、2030年度までにCO2排出量60%削減を目指します。
* Nearly-ZEH含む

三菱地所グループ「木」に関するグループ目標

〈三菱地所グループ環境基本方針〉では「自然調和型社会形成への寄与」を定めており、森林破壊を行わず、事業活動を通じて生物多様性に配慮し、持続可能な木材利用を推進します。
また、持続可能な木材利用の推進、事業に使用する木材のトレーサビリティの確保を目標に定め、自然資源保護に配慮した持続可能な木材利用に取り組んでいきます。(2022年6月現在)

木に関するグループ目標 ①持続可能な木材利用の推進

三菱地所グループでは木造2×4住宅に小径木や間伐材を積極的に採用し、国産木材を建築に活用してきました。近年は4階建て木造建築向けに従来の約14倍の強度を持つ高耐久高耐力壁パネルを製作するなど、構造躯体として「CLT(Cross Laminated Timber)」の利用を拡大しています。

公共建築物等木材利用促進法の施工により、公共福祉施設や公共教育施設などの非住宅における建築物の木造化が進んでいます。三菱地所住宅加工センターでは、住宅で培われた木材伐採から住宅完成までの知見やネットワーク、一貫したサポート体制等を非住宅事業にも同じく最大限に活用しています。

木に関するグループ目標②事業に使用する木材のトレーサビリティ確保

森林資源の適正利用と林業の持続発展を図るため、トレーサビリティの明確な国産木材を積極的に採用しています。国産木材を持続可能な形で使用していくことで、手入れの行き届いた健全な森林づくりに貢献し、「植える→育てる→使う→植える」という森林の循環に貢献していきます。

2011年「山梨県産認証材製品の住宅部材利用に関する協定」を締結。国産材の安定供給と流通・加工の仕組み整備により、高い国産材化率を実現しました。2018年4月には、国産の森林認証材を床構造用合板に標準採用。経済的にも持続可能な責任ある木材の利用を促進し、循環型・自然調和型社会の形成に取り組んでいます。

PROJECT&NETWORK 木に取り組む人たちと

木造木質化の取り組みから得られた知見を基に、
KIDZUKIが木の可能性を模索するためにアクションをおこすことではじまるプロジェクト。
プロジェクトから生まれたプロダクトや、新たに得られた知識はKIDZUKIからネットワーク、
そして社会へと共有され、皆さまとともに新たな展開を見出していきます。

KIDZUKIと共鳴する人やビジョン
つながりが育むネットワーク

さまざまな背景や専門性を持つ人たちが、それぞれの個性や能力を活かし、コミュニケーションやディスカッションを行っていくことで、プラットフォームに様々なインタラクションを生みだします。木を媒介として集まる人々が豊かに織りなすネットワークが広がることで、より多くの課題やトピックスに取り組めるプラットフォームへと成長します。

様々な分野に存在する知見を
多様な社会課題解決のためにプロジェクト化

KIDZUKIは独自のネットワークを通じて、リサーチ、ワークショップ、建築・空間、プロダクトといったアウトプットで木や森に関する課題を解決したり、より幅広いアイデアや意識を集めるためのプロジェクトを推進していきます。さらに、多様化する社会全般の課題を「木」を通じて解決するアプローチへも同時に取り組みます。

MEDIA 木をもっとよく知るために

KIDZUKIは、私たちの身近に存在している「木」の生態や歴史、文化的背景、環境課題に『気づく』きっかけを醸成するメディアを運営します。まずは木にまつわる様々な思想・活動・人物などをKIDZUKI独自の視点で
ピックアップし、情報発信。将来は、KIDZUKIの周辺に「木」という共通言語でつながった多種多様なプロジェクトやコミュニティを創出し、育むためのプラットフォームとして、従来の発想や枠組みにとどまらない、
木の可能性を拓く「メディア=触媒」を目指します。

  • 木を知る CATEGORY 01

    木と暮らす私たちが、身近にあり過ぎて気づかない大切なこと。そんな木や森のことを今までよりもっと意識したり、知るためのコンテンツを、KIDZUKIと周辺ネットワークによるリサーチや取材を行い、発信します。

  • 木のケーススタディ CATEGORY 02

    幸福度の変化や、多様性、持続可能性を踏まえたときに出会う「木」の可能性。ここでは、住まいやオフィス、公共建築などで実際に木を取り入れた人たちのケーススタディを通じて、未来や次世代にとっての木を考えます。

  • 木と作る CATEGORY 03

    KIDZUKIにより得られたインスピレーションや知識は、誰かの行動へとつながります。森に始まりを見に行く、木のスペシャリストと会話する、都会でも木に触れるDIYなど。木で「築く」ための様々なアクションを追います。

CONTACT お問い合わせ

KIDZUKIに関するお問い合わせは下記専用フォームよりお送りください

お問い合わせはこちら