DJI史上初の物流ドローン「DJI FlyCart 30」の取扱いを開始。林業への活用も視野に。 - KIDZUKI

PICK UP
NEWS

Categoryピックアップ
2024.01.11

DJI史上初の物流ドローン「DJI
FlyCart
30」の取扱いを開始。林業への活用も視野に。

DJI正規販売代理店の株式会社システムファイブ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 行洋)は、2024年1月10日(水)にDJIより発表された物流ドローン「DJI FlyCart 30」の取扱いを開始いたします。

「DJI FlyCart 30」は、最大容量70Lと最大積載量40kgを実現した物流ドローンでカーゴモードとウィンチモードの2種類の積載方法で運用可能

  • カーゴモード:最大容量70L
  • ウィンチモード:最大積載量40kg(シングルバッテリー)、または最大積載量30kg(デュアルバッテリー)※ウィンチモードのウィンチクレーンシステムは別売りとなります。

カーゴモードカーゴモード

ウィンチモードウィンチモード

操作面では、2パイロットでのデュアル制御に対応します。リアルタイム地形検知や航路記憶、過去の飛行軌跡をたどってホームポイントに戻る「バックトラックRTH」などのインテリジェント・アシストで作業効率を向上し、操縦者の負担を軽減。2パイロットでの運用が可能なため、25kg以上国家資格取得に必要な、スクール向けの教習機としても使用可能です。

「DJI FlyCart 30」は、あらゆる地形、全天候での連続輸送が可能

物資運搬のルート確保が困難で運搬に時間がかかる山岳地帯での物資運搬、インフラのための材料の運搬や、到達困難な場所への緊急物資輸送、運搬コストがかかる海上輸送といった様々な場面で、費用対効果の高い、継続的な輸送・供給を行うことができます。

【使用シーン】

  • 林業での苗木輸送
  • 生活用品、農作物、医薬品の輸送
  • 消火用具、救助用具、点検用具などの工具、修理用品の輸送
  • 建築資材、太陽光発電パネルなどのインフラ資材の輸送
  • 景勝地での運搬手段
  • 海上エリアでの補給船への物資供給や海上物資輸送 など

保護等級 IP55保護等級 IP55

「DJI FlyCart 30」

https://www.system5.jp/products/n_1186298

DJI FlyCart 30DJI FlyCart 30

【最大積載量】

  • デュアルバッテリー:30kg
  • シングルバッテリー:40kg

【最大飛行距離】

  • 荷物なし(デュアルバッテリー):28km
  • 荷物なし(シングルバッテリー):12km
  • 満載時(デュアルバッテリー):16km
  • 満載時(シングルバッテリー):8km

【最大飛行時間】(最大重量、最大バッテリー容量時)

  • 30kg満載時(デュアルバッテリー):18分
  • 40kg満載時(シングルバッテリー):9分

【飛行最大速度】

  • 最大飛行速度:20m/s

【環境対応】

  • 最大風速耐性:12m/s
  • 最大飛行高度:6000m (荷物なし)
  • 保護等級:IP55
  • 動作温度:-20° C~45° C

 *測定値に関する詳細は製品ページをご参照ください。

【安全かつ高性能】

  • 高解像度FPVジンバルカメラ
  • IP55&耐腐食
  • デュアルレーダー&デュアルビジョン
  • インテリジェント障害物検知
  • ホットスワップ対応のデュアルバッテリー
  • 緊急用のパラシュート搭載

システムファイブは産業機一次代理店として、日本国内で3年連続一位の販売実績を活かし、「DJI FlyCart 30」の機体販売はもちろん、導入相談、デモ検証なども対応しています。お気軽にお問合せください。

■株式会社システムファイブについて

1989年に名古屋で創業した放送業務用映像システムインテグレーターです。映像業界トップのアクセス数を誇る映像制作者向けポータルサイト「SYSTEM5.jp」の運営を通じて、機材販売や技術セミナー等、各種専門サービスを提供しています。東京・半蔵門では映像機器・音響機器の専門ショールーム「PROGEAR半蔵門」を運営。各種機材を展示・販売しています。

社名 : 株式会社システムファイブ(System5 Co., Ltd.)

代表者 : 代表取締役社長 小川 行洋

本社所在地 : 〒102-0093 東京都千代田区平河町1-2-10 平河町第一生命ビル1階

ウェブサイト: https://www.system5.jp/

SUPPORTER

KIDZUKIが募集する木のコミュニティ制度「KIDUZKIサポーター」に参加しませんか? 一緒に木の課題を解決するためのプロジェクトに参加したり、それぞれのアイデアやスキルで場づくり、コトづくりを共にするメンバーを募集しています。

SUPPORTER詳細へ

ご不明点、ご相談についてはお問合せフォームよりご連絡ください。